落語・講談・浪曲 日本演芸なんでもござれ

自称・演芸ブロガーが語る日本演芸(落語・講談・浪曲)ブログ!

眼前の浪情、そして見えない愛情~2018年12月4日 浪曲いろは文庫 木馬亭~

f:id:tomutomukun:20181205225315j:plain

久しぶりに浪花節を聞いたなぁ、あれが本物の浪花節だよ

 

良かったよ!

 

60代になったら内蔵助を演じられるのかなぁと仰られていました

 

俺が死んだら、葬式であのビデオ流してね

  浪曲にガンガンにやられて木馬亭を出る。しばし時間を潰そうかと浅草寺辺りを彷徨いながら、適当な店に入って飯を食べる。終始考えていたことは、木馬亭から出る際、後ろの席に座っていらっしゃた豊子師匠のことだった。確かお客さんの誰かが祝儀を渡していて「どうして?私出ていないのに」という豊子師匠の言葉が聞こえてきた。出ていなくても凄い三味線を弾くことは、浪曲を愛する者なら誰もが知っている事実である。

 つづきはこちら

 https://www.engeidaisuki.net/?p=543