落語・講談・浪曲 日本演芸なんでもござれ

自称・演芸ブロガーが語る日本演芸(落語・講談・浪曲)ブログ!

地下帝国の三段打ち~正月初席 池袋演芸場編~2018年12月22日

Should I stay or Should  I go

 

魔窟

 

三段打ち

 正月初席の池袋演芸場を一言で表すとすれば、『長篠の戦い』ということになる。前記事の『新宿末廣亭編』では、一部が春風亭昇太師匠、二部が桂竹丸師匠、そして三部が桂文治師匠という、信長・秀吉・家康という三英傑が揃った布陣で、ホトトギスである客人達がもみくちゃにされて、「落語って面白い!」と笑う寄席であるのに対して、池袋演芸場は10日間昼夜入れ替えなしで破格の3000円。そして、第一部が三遊亭遊三師匠、二部が三遊亭小遊三師匠、三部が三笑亭茶楽師匠という、武田の軍勢もびっくりの『三段打ち』の構えで、客人達を「どうだ!これが落語の面白さじゃい!」と打ち続ける寄席であると私は思っている。

 https://www.engeidaisuki.net/?p=522