落語・講談・浪曲 日本演芸なんでもござれ

自称・演芸ブロガーが語る日本演芸(落語・講談・浪曲)ブログ!

シバハマラジオは鳴り止まないっ!~文化放送 シバハマラジオ~ 2019年3月28日

台本

 

月刊QR

 

ハイテンション

 

エロス

 

今週の1ページ 

  ラジオが僕に

 2018年10月2日、僕はラジオの前で惑星の誕生を待っていた。新しいラジオ番組が始まるとき、そこにはビッグバンのように大きなエネルギーがある。それはみるみるうちに形を成して、一つの星になる。シバハマラジオ。落語の世界に肖って、それは生まれた。幾つもの耳と心を掴んで夢中にさせてくれる電波。目に見えないものが、目に見えないものを揺らす。発信源はラジオに関わる全ての人々。想像も出来ないくらいに色んな人が、19時から21時までの二時間、ラジオの向こうにいる。言葉は、声は、耳と心を傾けている人々に向けて発信される。それは、一方通行の言葉なんかじゃない。ある時は街に出て直接声を聞く。SNSを利用して色んな人々の意見を取り上げる。ラジオは皆で作られる。一つの星が生まれ、その星に住み着いた人々が、思い思いに協力し合いながら、生まれたての星の中で笑いあうみたいに。シバハマラジオは膨張していく。宇宙の膨張が止まらないように。どこまでもどこまでも、色んな人を巻き込んで、色んな人に声を届けて。寂しい時も悲しい時も、何か仕事をしているときも、バスに揺られているときも、電車に揺られているときも、家の中でそっと布団にくるまっているときも、ラジオは流れ続ける。ラジオに国境はない。シバハマラジオ。この惑星の誕生の瞬間を、僕は、そして僕達は、待ち望んでいたのかも知れない。名の知れぬ落語家の言葉に耳を傾け、心を奪われて、落語に興味を持ち、やがて、シバハマラジオが一つの楽しみになる。名の知らぬ落語家はいつしか、かけがえのない落語家になる。名前を忘れることさえ出来ないほどに、落語家に夢中になる。シバハマラジオ。この惑星が、消えてしまうなんて信じられないよ。終わる運命にあることは十分に分かっていたけれど、星はやがてやってくることも知っているけれど、こんなに楽しい半年間は、こんなにラジオに夢中になった時間は、後にも先にもなかっただろう。

 

 でもね、

 

 シバハマラジオは鳴りやまないっ!

 

 つづきはこちら

 https://www.engeidaisuki.net/?p=401